セミナーシリーズのご紹介

速習セミナー

会社が批判に直面した際の
CSRコミュニケーション
Shellの経験に学ぶ

かつてシェルのサステナビリティ担当バイス・プレジデントを務めたトム・デルフガウ(Tom Delfgaauw)氏から直接学ぶ特別講座を開催します。 ※逐次通訳
CSR推進担当者はもちろんのこと、リスクマネジメントや渉外担当の方にもお勧めです。
2014年2月27日実施

対象

企業の方で自社内における取り組みに活かそうとお考えの方
※同業(コンサルティング関連)他社の方のご参加については申し訳ございませんがご遠慮頂いております。

こんな方にお勧めです

● CSR部門の方
● リスクマネジメントを担当している方
● 渉外を担当している方
● 広報を担当している方

1995年、ロイヤル・ダッチ・シェルは、北海油田の海上に浮かぶ老朽化した石油貯蔵施設「ブレントスパー」を海洋へ投棄しようとした際のボイコット運動、ナイジェリア政府による人権・環境活動家のケン・サロ=ウィワ氏の処刑によるボイコット運動と、会社のブランド価値を大きく毀損する危機的状況を迎えます。


● 会社がNGOからの批判を受けた際どのようなコミュニケーションをとるべきなのか


● その後シェルはステークホルダー・エンゲージメントをどのように進めていったのか


● シェルは何を学んだのか

などを、かつてシェルのサステナビリティ担当バイス・プレジデントを務めたトム・デルフガウ(Tom Delfgaauw)氏から直接学ぶ特別講座を開催します。
※逐次通訳つき(スライド資料は英語になります)

CSR推進担当者はもちろんのこと、リスクマネジメントや渉外担当の方にもお勧めです。

講 師

MrDelfgaauw元 シェル サステナビリティ担当バイス・プレジデント

トム・デルフガウ(Tom Delfgaauw)氏

1997年から2001年9月まで、シェル・インターナショナルのサステナビリティ担当バイス・プレジデントとなり、巨大組織シェルのサステナビリティにおける全社的な変革を断行した貴重な経験を持つ。

退職後は、英国の戦略コンサルティング/シンクタンクであるSustainAbility社の初の非常勤取締役や、AccountAbility社の協議会長を務め、また、FTSE4Good Indexの方針委員会のメンバーでもある。コンサルタント会社を設立し企業のCSR支援も行う。

プログラム(予定)

● 情報インプット「世界におけるNGOの存在感と企業への影響」
● ケーススタディ簡易版
● 講義「会社が批判に直面した際のCSRコミュニケーション」
● 全体ディスカッション&質疑応答

 

日時

2014年2月27日(木)実施

次回の開催予定はありません

 

メールマガジンを購読

Sustainable Business Academy では、セミナー情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。